NEXT WEEKEND TO SENDAI 週末仙台

旅の想い出をおすそわけ

みんなが笑顔になる!
とっておきの仙台土産

旅の楽しみの一つと言えば、お土産選び。
あの人にも、この人にも……そして、もちろん自分にも。
地元・仙台人と仙台好きの旅達者たちが選んだ、
失敗なしのイチオシ土産をご紹介します!

Photograph:Yosuke Koyama

INTO THE TOHOKU 古き良き、はいまも良い

この地で脈々と受け継がれてきた手しごとの数々。
変わらず会えるもの、現代の才能と出会い
新たな息吹が吹き込まれたもの。旅で出会った
〝良きもの〝を想い出とともに我が家に。

もくもくハウス仙台店の角盆[BON]

宮城県の北東部、登米市津山町の杉の間伐材で作られたスタイリッシュでコンパクトなお盆。軽くて丈夫な杉の集成材に、それぞれブラウン、オレンジ、ナチュラルの塗装を施した3枚が、書籍の外箱風のパッケージに包まれている。「たかが盆、されどBON」というフレーズを配した遊び心もあり、プレゼント用に購入する人も多いとか。料理を運ぶのはもちろん、1人用の折敷(トレー)や料理を直接盛りつけるプレートなど、使い途は色々。2014年度のグッドデザイン賞を受賞したこの「BON」を使えば、毎日のごはんもゆったり楽しめそう! ¥8500。

ここで買えます!

もくもくハウス仙台店
住所:仙台市若林区大和町1-22-19 / 電話番号:022-369-3690 / 営業時間:10:00~18:00 / 定休日:12/30~1/3
クラフトショップ「もくもくハウス」
住所:登米市津山町横山字細屋26-1 「道の駅 津山もくもくランド」内 / 電話番号:0225-69-2341 / 営業時間:9:00~17:00 / 定休日:年末年始

名取屋染工場の手ぬぐい

明治35(1902)年創業の名取屋染工場は「注染」という手わざを受け継ぎ、伝統柄はもちろん、仙台七夕まつりなどの郷土柄、いまではBEAMSとコラボした手ぬぐいなど、斬新な新作を次々と発表している。また、明治から昭和初期にかけて仙台で発達した「常盤紺型染」の保存にも注力。当時、常盤型染めによって、久留米絣などの手の込んだ柄が北海道から関東にかけて日常着の生地として広まったが、名取屋ではその型紙の柄を手ぬぐいとして復刻した。プレゼントの包装やお弁当包み、ランチョンマットなど、アイデア次第で楽しみ方色々。 ¥800~。

ここで買えます!

ぎゃらりー染の工房なとりや
住所:仙台市青葉区上愛子字街道77-8 / 電話番号:022-392-2490 / 営業時間:9:30~17:00 / 定休日:土日祝
こけしのしまぬきエスパル店
住所:仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅B1F仙臺みやげ館内 / 電話番号:022-267-4021 / 営業時間:10:00~20:30 / 定休日:エスパル仙台店休館日

仙台うみの杜水族館としまぬきのコラボレーションこけし

2015年7月、仙台市内にオープンした「仙台うみの杜水族館」。開業に合わせ、仙台・宮城の工芸品・民芸品を扱う明治25年創業の老舗「しまぬき」が、水族館とコラボして生まれたのがこちら。水族館の目玉の一つ、巨大水槽で再現されている三陸の海は、様々な生き物が暮らす豊かな〝うみの杜〝。そんな三陸自慢の(写真左から)「ほや」「かき」「いくら」という〝うみの三姉妹〝と、水族館の人気者「イワトビペンギン」がこけしに変身! 愛らしさが話題を呼んでいる。しまぬき本店とエスパル店、うみの杜水族館だけの限定販売。各¥2000。

ここで買えます!

こけしのしまぬき本店
住所:仙台市青葉区一番町3-1-17 / 電話番号:022-223-2370 / 営業時間:10:30~19:30 / 定休日:1/1
仙台うみの杜水族館
住所:仙台市宮城野区中野4-6 / 電話番号:022-355-2222 / 営業時間:9:00~18:00、9:00~17:00(冬期) / 休館日:無 / ☆こけしのしまぬきエスパル店でも購入できる。

東北工芸製作所のナッツボウル

艶やかな発色と光沢にうっとりしてしまう、宮城県の伝統的工芸品「玉虫塗」。昭和初期に、輸出品として作られたのが始まりだ。銀粉やアルミニウムを撒き、さらに染料を加えた透明な漆を吹きつけるという、画期的な上塗りの技法によって生み出される深みのある独特の輝きは「玉虫塗」ならでは。技術を受け継いだ東北工芸製作所は戦後、洋食器をはじめ時代の先端を行く商品を次々と発表。最近でも、グッチや「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボ、日用品のシリーズ「Touch Classic」の開発など、新たな試みを展開している。赤・金各¥4000。

ここで買えます!

東北工芸製作所上杉ショールーム
住所:仙台市青葉区上杉3-3-20 ユナイト上杉ビル1階 / 電話番号:022-222-5401 / 営業時間:10:00~18:00 / 定休日:日・祝、第2・第4土 / ※赤を販売
ウェスティンホテル仙台26階せんだいスーベニア
住所:仙台市青葉区一番町1-9-1 / 電話番号:022-722-1234 / 営業時間:7:00~21:00 / 定休日:無 / ※金を販売

仙台ガラスの仙台ガラスコレクション

江戸後期に仙台で作られていたという幻の仙台ガラス。詳しい製法が残されず、長い間途絶えていた仙台ガラスが復活したのは2010年のこと。仙台の中心部を流れる広瀬川の砂を使った、新たな仙台ガラスが誕生した。広瀬川の流れを思わせるゆったりとしたフォルム、川面に映る木漏れ日のような温かい色合い。人工的な着色を一切行わないため、同じ広瀬川の砂でも採取した年によって色合いが微妙に違うとか。自然を封じ込めた柔らかな杜色のグラスで飲めば、リラックスしたひとときを過ごせそう。¥2000~。

ここで買えます!

こけしのしまぬきエスパル店
住所:仙台市青葉区中央 1-1-1 仙台駅B1F 仙臺みやげ館内 / 電話番号:022-267-4021 / 営業時間:10:00~20:30 / 定休日:エスパル仙台店休館日
カネイリミュージアムショップ6
仙台市青葉区春日町2-1 メディアテーク1F  / 電話番号:022-714-3033 / 営業時間:10:00~20:00 / 定休日:第4木、12/29~1/3

本郷だるま屋の松川だるま

宮城県指定伝統的工芸品の一つ、仙台張子の「松川だるま」。だるまにしては珍しく、体の前面を彩る鮮やかな群青色と、くりっとした大きな瞳が特徴だ。初めから目が入っているのは、家内安全のために四方八方を見守ってほしいとの願いが込められているためとか。縁起物として庶民に親しまれ、かつては〝七転び八起き〝にちなんで、小さいものから毎年1つずつ買い足し、大小8体集まったら一番古いだるまを買い替える家が多かったそう。江戸時代から代々伝わる手わざの逸品。お気に入りを部屋に飾れば「福」が来ること間違いなし! 3寸(約9cm)¥1200~。

ここで買えます!

仙台張子 本郷だるま屋
住所:仙台市青葉区柏木1-3-7(5月中旬以降、仙台市青葉区川平4-32-12に移転、電話番号も変更予定) / 電話番号:022-233-5658 / 営業時間:9:00~19:00 / 定休日:不定休
こけしのしまぬきエスパル店
住所:仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅B1F 仙臺みやげ館内 / 電話番号:022-267-4021 / 営業時間:10:00~20:30 / 定休日:エスパル仙台店休館日 / ☆大崎八幡宮などでも購入可能。

お土産「めんこいもの」リスト

仙台の旅の想い出をおすそわけ。
贈った自分も贈られた相手も笑顔になる
東北のぬくもりが詰まった〝めんこい(=かわいい)〝
お土産リストを紹介。

食べて美味しい、開けて楽しい。懐かしの駄菓子

熊谷屋の仙臺駄菓子

全国各地に駄菓子は数あれど、仙台ほど多くの種類を作り続けてきた地域はないという。その数50とも60とも。元禄8(1695)年創業の老舗・熊谷屋が受け継ぐ手作りの味にほっこり。

住所:仙台市青葉区木町通2-2-57 / 電話番号:022-234-1807 / 営業時間:8:30~17:30 / 定休日:日 / 仙台駄菓子袋詰め(13個)¥600~、きなこねじり(10個)、うさぎ玉(12個)など各¥400

とろける甘さのクリーム・餡・お餅のコンビネーションシンプルな美味しさがこもった丁寧な日本の味

喜久水庵の喜久福

クリームと餡を柔らかい餅でくるんだ絶妙な味。宮城県産の餅米、山形県産のだだちゃ豆など、確かな素材を使った素朴な味わい。ずんだや抹茶など定番以外に季節限定商品もあり。

住所:仙台市青葉区中央 1-1-1 エスパル仙台店B1F / 電話番号:022-267-4032 / 営業時間:10:00~20:30 / 定休日:エスパル仙台店休館日 / 喜久福(4種詰め合わせ4個入)¥514(税込)

かま栄蒲鉾店の二寸(紅白)

創業明治19(1886)年、仙台で最も歴史のある老舗蒲鉾店・かま栄。保存料を一切使わず、昔ながらの製法で一つひとつ丁寧に手作りされてきた伝統の味。素材を活かした深みのある優しい味わいだ。

住所:仙台市青葉区国分町3-6-14 / 電話番号:022-222-5214 / 営業時間:8:30~16:30、土 8:30~18:00 / 定休日:日・祝 / 二寸各¥900、カステラ蒲鉾¥450

甘さ控えめで上品などら焼きは一度食べたらくせになる味

賣茶翁のどら焼き

週末は午前中、平日でも昼過ぎには売り切れてしまうという老舗和菓子店・賣茶翁(ばいさおう)のどら焼き。硬めに炊いた粒あんと弾力のある生地は、上品な甘味。お座敷でお抹茶と一緒にいただくのもオススメ。

住所:仙台市青葉区春日町3-13 / 電話番号:非公開 / 営業時間:9:30~18:00(店内飲食10:00~) / 定休日:毎月1日・16日 / どら焼き¥248(税込)

舌の上でホロッと溶ける不思議な食感

九重本舗玉澤の霜ばしら

延宝3(1675)年、仙台藩御用菓子司として創業した九重本舗玉澤が、毎年10~4月に販売する霜ばしら。舌の上ですっと消えるような優しい口どけが絶品。冬場は例年入荷待ちになるほどの人気だ。

住所:仙台市青葉区中央 1-1-1 エスパル仙台店B1F / 電話番号:022-267-4035 / 営業時間:10:00~20:30 / 定休日:エスパル仙台店休館日 / 霜ばしら¥1600

クッキーと和菓子のおいしいとこ取り!

ふじや千舟の支倉焼

クルミ風味の白あんを、フレッシュバターたっぷりの皮で包んだ和洋折衷の銘菓。名前は、慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパに渡った支はせ倉くら常つね長ながにちなんだそう。誕生から約60年、変わらぬ手作りの味。

住所:仙台市青葉区中央 4-7-18 / 電話番号:022-222-5305 / 営業時間:8:00~19:00 / 定休日:1/1 / 支倉焼(6個入)¥1000 / ※エスパル仙台店B1Fでも購入可能。

料理好きに贈りたい東北の美味しさ凝縮

石渡商店の気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース

気仙沼・唐桑地区で採れる良質の牡蠣。なかでも、産卵を控えたっぷり栄養を蓄えた3~4月頃の牡蠣だけを厳選して作り上げたオイスターソース。パスタや肉料理など色々な料理と相性抜群。

住所:仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅2F おみやげ処せんだい1号売店内 / 電話番号:022-393-4144 / 営業時間:7:00~21:30 / 定休日:無 / ¥900、3個セット(ギフト箱入)¥3000

濃厚きな粉がやみつきになる美味しさ♡

松華堂菓子店の松華堂きなこサンド

地元産の大豆ミヤギシロメを使ったきな粉バタークリームを、手絞りでふんわり焼き上げたダッコワーズの生地でサンド。洗練と懐かしさを併せ持つ、松島の名店菓子・松華堂の神髄ここにあり!

住所:仙台市青葉区中央1-1-1 エスパル仙台店B1F / 電話番号:022-224-1103 / 営業時間:10:00~20:30 / 定休日:エスパル仙台店休館日 / きなこサンド(1個)¥220(税込)

あっ!あの人へお土産買い忘れた… そんなときでも大丈夫!仙台駅で最後までお土産探し!

仙台の旅をたっぷり満喫したら、思い出をちょっぴりおすそわけ♡
出発ギリギリまで楽しんで、「あ! あの人へのお土産買い忘れた……!」
なんてことがあっても大丈夫。仙台駅にはお土産ワンダーランドがあるんです。

こだまの生どら ずんだ餅

定番どら焼きの他に、餅入りどら焼きや季節限定のどら焼きも。種類も豊富なので、選ぶのも楽しい。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

丸ほ 保原商店の宮城県産生かき使用 オイスター コンフィ

ガーリックが効いたかきのオイル漬けが人気商品。Dila仙台1F 食材王国みやぎで購入可能

シーフーズあかまのしおがまの藻塩 〜みやぎの香り藻塩

古式製塩法による各種の香り塩は小瓶でお土産にぴったり。Dila仙台1F 食材王国みやぎで購入可能

山形屋商店の仙台麸(あぶら麸)

煮物やお味噌汁、丼などに。仙台の家庭の定番の味を。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

蒲鉾本舗 髙政のミニさつま揚げ〝ぷちあげ〝

女川町の人気蒲鉾店のさつま揚げ。他に茶豆味などもあり。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

白謙蒲鉾店のかまぼこ各種

伝統の白謙のかまぼこは納得の美味しさ。1枚でもセットでも。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

石渡商店のフカヒレ角煮まん

気仙沼産フカヒレと豚の角煮をふんだんに使用。仙台駅2階「おみやげ処せんだい1号・2号で購入可能

陣中の具の9割牛たん仙台ラー油

仙台・牛たん専門店の牛たんがごろごろ入った食べるラー油。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

シーフーズあかまのしおがまの藻塩

松島湾の海水と海藻アカモクを精製した塩。こくのある味。Dila仙台1F 食材王国みやぎで購入可能

菓匠三全の萩の月

言わずと知れた仙台土産の定番。ふわふわのカスタードが絶妙。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

蒲鉾本舗 髙政の御膳蒲鉾

高級食材の〝かに〝と〝うに〝を贅沢に使用したかまぼこ。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

パレットのずんだと苺のドゥーブルフィナンシェ

ずんだ餡風味と苺ジャム風味の2つの味のフィナンシェ。エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館で購入可能

仙大豆の100%大豆のソイパスタ

宮城県産の大豆・ミヤギシロメを使った100%大豆のパスタ。Dila仙台1F 食材王国みやぎで購入可能

仙大豆のソイチョコ

同じく仙大豆シリーズの大豆をチョコで包んだスイーツ。Dila仙台1F 食材王国みやぎで購入可能

ムッシュ マスノ アルパジョンのとろけるクッキー

石巻の人気菓子店が仙台駅に出店。とろけるクッキーはチョコのような食感で美味!!仙台駅1F「ムッシュ マスノ アルパジョン」で購入可能

エスパル仙台B1F 仙臺みやげ館

仙台駅の駅ビル「S-PAL(エスパル)」の地下1階にある「仙臺みやげ館」。仙台の名産はほとんどここに集まっていると言える位の品揃えを誇る。

住所:仙台市青葉区中央1-1-1 / 営業時間:10:00~20:30(仙臺みやげ館)

Dila仙台1F 食材王国みやぎ

同じく仙台駅の1階、Dila仙台内にある「食材王国みやぎ」では宮城県の特産品が勢揃い。食材の他に、地酒なども豊富で、自分用のお土産にも◎。

住所:仙台市青葉区中央1-1-1 / 電話番号:022-213-1756 / 営業時間:9:00~21:00

仙台お土産マップ

ご紹介した
スポットはこちら

  • 追加配布の予定は、日程と店舗が決定次第、随時ホームページで告知しますのでお待ちください。
  • 配布店舗・施設への配布に関するお問い合わせは、通常業務の妨げになりますので、お控えください。
  • WEB配布につきましては、多数の応募をいただいていることから、一次募集の郵送部数を拡大するとともに、受け付けを4月22日(金曜日)13時までに変更いたしますので、ご了承願います。なお、5月25日ごろから二次募集の受け付けを開始いたします。
  • 「週末仙台」に関するお問い合わせは、特設WEBサイト(http://www.sendai-weekend.com/)の情報をご確認いただくか、仙台市文化観光局観光課(電話/022-214-8260)までお願いいたします。
ENTER

MENU